×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイナーチェンジ・type2追加



 90年10月のマイナーチェンジ



90年10月シリーズ全体のマイナーチェンジに合わせてAMGも小変更をうけた。
この時より従来の"AMG"は"AMGtype1"と呼ばれる。
 主な変更点

・新AMGデザインディッシュホイールの採用(スピードライン社製)
・標準設定のシートをエクセーヌシートに変更
(従来の本皮シートはオプション設定)
・運転席側4WAYパワーシート
・助手席側照明付バニティミラー
・キーレスエントリー
・天井内張り材質変更
・植毛ピラー
・オーディオデザイン変更
・サイドドアビーム
・センタードアロック動作変更
・タイマ付ドアミラー
・ヘッドカバー文字変更
・サージタンク文字変更

初期モデルと比べ、約40キロの重量増となっている。
(カタログ記載車両重量:1210キロ→1250キロ ※MTの標準車)
 AMG type2の追加


91年3月、AMGの廉価バージョンとして登場。
 AMG type1からの変更点

AMGtype1からの主な変更点
・AMGデザイン専用エアロ→大型エアロバンパー他三菱純正フルエアロ
・AMGデザイン専用シート地→ジャージシート
・車速感知間欠ワイパー→間欠ワイパー

ベース車からの省略装備
・ETACS

AMGtype2専用装備
・"TUNED BY AMG"ロゴのエンブレム
(Fグリル、トランクリッド、左右Fフェンダー)

同時期のAMGtype1と比べ、約30キロ軽量
(カタログ記載車両重量:1220キロ ※MTの標準車)